終身雇用制度が終了する!?あなたならどうする?

終身雇用制度が終わる!?

トヨタ自動車豊田章男社長が

雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた

と語ったそうです。

このことについては、ネット上でいろいろ議論されていますが、会社員である僕の立場から考えてみます。 

 

目次 

 

終身雇用とは 

終身雇用とは「定年」までの雇用期間を保証するものです。

終身雇用(しゅうしんこよう)は、同一企業で業績悪化による企業倒産が発生しないかぎり定年まで雇用され続けるという、日本正社員雇用においての慣行である。長期雇用慣行(ちょうきこようかんこう)ともいう。

終身雇用 - Wikipedia

 

そもそも、 「終身雇用」とは会社に依存することを意味しています。

以前は、銀行に就職すれば安心だとか、大企業に就職すれば安泰だとか言われてきました。ですが、豊田社長の言うように終身雇用が通用しない時代がくると思われます。

中小企業の社長が同様なことを言っても反響は少ないでしょうが、

世界でも名の通った企業のトップの発言となると話は別です。影響力が違います。

 

先日も、45歳以上に対して早期退職や希望退職のニュースがありましたので、会社員としては安心できない状況となっています。

となると、 会社に依存することは「リスク」と考えた方がよさそうです。

僕もあと数年で45歳になるので、人ごとではありません。

また、実力や実績の伴わない人材は問答無用で切り捨てていく時代に突入するかもしれません。

ここで会社側の考えを考えてみましょう。

従業員に支払う給料は費用(コスト)です。

そして、正社員には給料のほか、労災保険雇用保険、厚生年金、健康保険などの費用も掛かります。ですので、仕事をしない、仕事ができない高給取りな人間に給料を払いたくないと考えるのは当然です。 

 

会社はすぐに辞めなくてもいい

僕は会社員をすぐに辞めろとは言いません。

辞めることのできない状況というものが、誰にも少なからず存在するからです。

かといって、何もしなくてもいいわけではありません。

現在の状況を不満に思っていて、くすぶっていても何も解決しません。

 

今こそ、本業とは別でお金を稼ぐために行動しましょう。

本気で稼ぎたいなら言い訳無用です。

「パソコンを使いこなせないから」とか

「時間がないから」なんて、全部言い訳です。

少し厳しい話になりますが、それは本気じゃない証拠です。

そういうひとは本業だけをしていればいいんです。

そして、あの時やっていればと後悔をするのです。

 

 

行動してみよう

f:id:changemylife2019:20190515003907j:plain

少しずつ進もう

なにか一つでもやってみましょう。今までと違う行動を。

その一つのためにいろいろ調べて、勉強して、やってみる。

結果、失敗するかもしれません。

それでも行動をおこしたことに間違いはありません。

その一つを再度挑戦するのもいいですし、新しいことにチャレンジするのもOKです。

その積み重ねでしか、現状を変えることができないと僕は感じています。 

途中、あなたの行動を笑う人が登場するかもしれませんが、そんな人はなにも行動を起こさない人です。 何かしら行動を起こしている人だったら、間違いなくあなたを応援してくれます。

www.changemylife2019.com

 

最後に 

「現状維持」というものから新しいものは何も生み出しません。

でも、この現状維持が一番居心地がいいのも確かです。

痛みも失敗もありませんから。落ち込んだりもありません。

 

時に壁にぶつかることもあります。行動しているからこそぶつかることができます。

行動していなかったら壁にもぶつかることもできませんからね。

また、失敗することも行動している、挑戦しているからこそ起こるわけで、

何もしていなければ失敗もしません。失敗を経験することさえできないのです。

 

誰かを頼るのではなく、まず自分で始めてみる。これが大切です。 

 

今回もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

このほかの記事もぜひ読んでください。