その6 Run 春夏

f:id:changemylife2019:20200527060428j:plain

 

今回は前回のおすすめに続き「Run」の春夏版です。

 

楽しく走ることで、少しの不安やストレスは軽減できます! 

 

前回の記事と大幅な変更はありませんが、これまでの期間に購入し、実際に使ってみて良かった物や、暑くなる季節のコース設定などを紹介していきます。

 

 

必要な道具

①ランニングシューズ

これが無いとはじまりません。

ランニングシューズの厚底ブームが来ていますが、どのメーカーも高いもので3万円近いものもあります。

 

でも、いきなりそのような高額なシューズは購入する必要はありません。

本当に走ることが好きになってからでもいいと思います。

一度試してみたいですけどね。

 

 

 

今回もアディダス(adidas)のアウトレットをおすすめします。

シューズもウエアもひととおり揃えることができますし、ナイキ(NIKE)よりも安価なイメージがあります。

ぜひ近くのアウトレットモールを覗いてみてください。

 

現在、アディダス(adidas)のグッズを購入できるスマートフォンアプリも登場したので確認してください。

 

メーカーやモデルによってサイズ感が違うため、シューズは必ず実際に履いてみてください。 

 

adidas

adidas

  • adidas AG
  • ショッピング
  • 無料

  

②ウェア(Tシャツ、ショートパンツ)

暑くなる季節に走るということで、おすすめは「ドライウェア」です。

「ドライウェア」とは、吸汗速乾素材のウェアのことです。

 

まさか、コットン100%のTシャツを着て走っている人はいないと思いますが、スポーツブランドに限らず、ユニクロやGUからも「ドライウェア」が出ていますので、それでももちろんOKです。

 

ショートパンツも同様です。

ランニング用を選ぶと丈(長さ)も走るときに気になりません。

 

着るものでモチベーションやテンションは間違いなく変わってきますので自分の好きなウェアを着て走りましょう。

 

 

 

www.uniqlo.com

www.uniqlo.com

  

③インナー(コンプレッション素材)

春夏のRunは日差しにも注意が必要です。

強い日差しは体力を奪うだけでなく、肌へのダメージが心配です。 

 

そのようなときはインナーで「コンプレッション素材」のものをおすすめします。

今は、トップスもありますので、上下コンプレッション素材のものを着用することで日差しからの肌へのダメージを防ぐだけでなく、筋肉がブレないので疲労軽減にもなります。

 

これをTシャツの下に着ます。

また、ランニング用のショートパンツの下にタイツを履きますが、下着は着ません。

下着の代わりといったとことでしょうか。

 

 

 

④キャップ、サングラス

強い日差しは顔付近にも影響します。
 
日差しから顔を守るだけでなく髪の毛をまとめることもできるので、ランニング用のキャップをお勧めします。
僕も使用しており、汗をかいてもウェアと一緒に洗濯できるので毎回快適です。
 
また、サングラスもおすすめします。
日差しから目を守るだけでなく、風の強い日に目を守ったり、周りからの視線も気になりません。(実際には見られていると思いますが・・・)
 
サングラスをすることで走ることに集中できます。
 

 

 

おすすめグッズ

①Apple Watch(アップルウォッチ)

これは本当におすすめです。アップルユーザーではない方はすみません。
少々お付き合いください。
 
僕は以前、Amazonで購入した「チープカシオ」を使っていましたが、時計の表示以外にランニングのデータを手元で見ることができます。
iPhone内のアプリも同期できるので何かと便利です。
 
 
 
 
Apple Whatch(アップルウォッチ)やiPhoneで同期できるアプリ
・NIKE RUN CLUB ランニング中の管理と日々のラン記録
・Pay Pay         電子マネーで現金を持たずにランできる
・Spotify                サブスク音楽配信サービスで好きな音楽を聴きながら
 
Nike Run Club

Nike Run Club

  • Nike, Inc
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

②Bluetoothイヤホン

アップルユーザーにとって大本命は「Air Pods Pro(エアーポッズプロ)」なのですが、正直高いです。
 
本当はこれが欲しいんですけどね。
トライさせてもらったことがありますが、ノイズキャンセル機能がすごかったです。
 
・Apple Watch(アップルウォッチ)
・Air Pods Pro(エアーポッズプロ)
・Apple Music(アップルミュージック)
 
上記はランニングをする際の『3種の神器』です。
なぜかというと、iPhoneを持たなくてもOKだからです。
 
しかし、Air Pods Pro(エアーポッズプロ)やApple Music(アップルミュージック)を所有していない人にとっては夢のようなもの・・・
 
そこでおすすめなのがこちらのBluetoothイヤホンです。
価格の割にはいい音でます。低音もしっかりと出ている印象です。
高音のシャリシャリ感はないので満足です。
 

 

③ランニングポーチ

 

Air Pods Pro(エアーポッズプロ)やApple Music(アップルミュージック)をもっていない人にとって、スマートフォン(iPhone)を持たなくてはいけません。

 

前回の記事でアームバンドタイプやチャック付きビニール袋を紹介しましたが、薄着になる時期にはやはりストレスです。

 

最近のスマートフォンはなかなか大きいですからね。

僕はiPhone11 Proが小さめということで選びましたが、やはり大きさを感じます。

 

そこで最近買ったのが「ランニングポーチ」です。

 

スマートフォンはもちろん、家の鍵やアメも入ります。

コード付きのイヤホンを使っている方にも「ホール」があるので心配ありません。

 

腰あたりにセットしておけばスマートフォンが暴れることもないので、走ることに集中できます。

 

防水ではありませんが汗をかいても、洗濯物と一緒に洗えます。

ダメになったら新しいものを買えばいいんです。安いので。

 

 

コース設定など

春夏のランニングに限りませんが、僕は中間地点に『給水スポット』を設定しています。

 

公園が一般的でしょうか。

 

ぶっ通しで走るよりも、給水し休憩できるところを設定しておくことで心の余裕が生まれます。無理しなくてもいいんです。

楽しく続けられることが一番だと思います。

 

また、春夏は「朝ラン」が気持ちよく感じられる季節です。

車の排気ガスも少なく、熱さもあまりありません。

 

夏の夕方だと熱さも残りますので少々走りづらいと感じます。

日中の暑い中で走るのは避けましょう。身体に毒です。

 

週末の朝ランがおすすめです。

休みだからといって寝坊するよりも、早く起きて走る!

時間の有効活用をしましょう!

 

走った後のストレッチや身体のケアもお忘れなく。

サプリメントもいいかも。